プロフィール

行政書士 宍戸 伸彰(ししど のぶあき)

行政書士登録 第20430841号

略 歴
熊本県荒尾市出身

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の1つである万田坑がある。もう一つはラムサール条約の荒尾干潟。

かつては、三池炭鉱の一翼を担っていて栄えていて、現在はそういう名勝もあるが、私が育ったころはどことなく退廃的空気が漂っていた。

同郷の有名人はヒロシ。その自虐ネタはその頃の空気と相まって妙なシンパシーを感じたw。

平成10年(1998年)3月 熊本県立玉名高校普通科卒業

平成14年(2002年)3月 早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業

同じ学部の1学年下には広末涼子(中退)、小島よしお、村主章枝。2学年下には荒川静香がいたらしい。

平成16年(2004年)4月 熊本県入庁(行政職)

県職員の宿命。異動のたびに県内を転々とする。様々な行政事務を経験。全部書くと長くなるのでここでは割愛w。

ある事情から独立、個人開業を志すようになり、行政書士試験を受けて合格(平成最後の試験)。

令和2年(2020年)3月 熊本県退職

令和2年(2020年)5月 行政書士登録

令和2年(2020年)5月 スタートアップ宍戸行政書士事務所開業

なぜ、荒尾ではなく合志で開業か?

前職の末期に赴任等で住んでいたのがこの界隈だったから。そこでこの地域の環境の良さを知り、ここで起業しようと決意する。

ただ、そういう事情もあり、荒尾・玉名(大牟田も)も営業エリアの一つと考えている。

 

主に、起業家や事業主等を対象に、対行政コンサルとして活動します。
各種許認可、申請届出、法人設立、補助金、その他行政相手のさまざまな手続等を請け負いたいと考えています。何か事業を始めるときに、行政相手に申請や届出など必要ではありませんか?

 行政相手の事務が円滑に進むようにコンサルティングや手続代行、サポート等進めてまいりたいと思います。

私は、行政機関に勤めていた経験があります。その時の経験も活かして、起業家や事業主等の皆さんが円滑に行政手続を済ませられるように貢献していきたいと考えております
それ以外にも、行政書士の業務に該当するような内容であれば広く請け負って参りたいと考えております。