ご訪問ありがとうございます。

ビジネス法務書類のライティングで法律・行政とのやり取りに関わる手間及び法的リスクを大幅に削減し、

資金面の不安も補助金や公的融資の紹介で軽減できるようお手伝いします。

 

 

この度は、当事務所WEBサイトにご訪問いただき誠に有り難うございます。

起業家や事業主・フリーランス等を対象に、対行政・法務コンサルとして開業します。
各種許認可、申請届出、法人設立、補助金、その他行政相手のさまざまな手続等を請け負いたいと考えています。何か事業を始めるときに、行政相手に申請や届出など必要ではありませんか?行政相手の事務が円滑に進むようにコンサルティングや手続代行、サポート等進めてまいりたいと思います。
私は、行政機関に勤めていた経験があります。その時の経験も活かして、起業家や事業主等の皆さんが円滑に行政手続を済ませられるように貢献していきたいと考えております。
それ以外にも、行政書士の業務に該当するような内容であれば広く請け負って参りたいと考えておりますので、何かありましたら是非ご相談ください。

要予約制ですが24時間、365日対応させていただきます。

お仕事の都合で日中の時間がとれない、家族がそろった状態で相談したい等の理由で、夜間・休日が良い場合も可能な限り対応させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
なぜ「スタートアップ」か?
スタートアップ、いわゆる「ベンチャー企業」を英語ではこう言うそうです。日本語で表現するなら「比較的新しいビジネスで急成長し、市場開拓フェーズにある企業や事業」ということになるでしょうか。

自分の事務所もそうありたいという思いで「スタートアップ」と名付けました。行政書士といえば法令である程度業務内容が定まっていますが、それに捉われすぎることなく、新しい市場を開拓していきたい、新しい仕事を創造していきたいというふうに考えています。

起業家や事業主を対象に、というのも、同じような立場で同じような志を持っている人たちと共にビジネスを進めていきたいという思いを込めてのことです。(ただ、そうでない人たちからの依頼も歓迎です。)

少子高齢化、人口減少等、更にはコロナショックが追い打ちをかけ、これからは(いや、もうそうか?)間違いなく右肩下がりの時代になります。そのような中で物心共に豊かな社会を作れるかどうかはひとえに起業が盛んかどうかにかかっていると思います。「イノベーション」という言葉もあるが、新しいものをどれだけ創造できるか、日本の、そして熊本の将来はそれにかかっています。

そのプレイヤー、または他のプレイヤーのパートナーとして携わりたいという思いをこのネーミングに込めました。

そういう点では起業は正義。事業を続けることは社会貢献と思っています。

※ロゴの説明

ロゴ
 

 

種から芽が出ている表現で、「新しいコトを生み出す」という意味や、起業家さんとともに困難を乗り越えて「芽を出す」というイメージを表しています。

種の部分は「書士」の「scrivener」を置き、行政書士という仕事を通して種を蒔き、新しい事業が芽吹くという意味を込めています。

スタートとアップの間から芽を出すことで、新規事業と行政の間を繋ぐことと、起業家さんとの関係が良好で、常に何かの事業の芽が出ているという表現にしています。

弊所プライバシーポリシー

車庫証明・名義変更・車手続きネットワーク
車庫証明、名義変更など、クルマ手続きの解説と専門家・行政書士のネットワーク。